引越しの荷造りと見積もりNAVI >  リサイクル品情報 > リサイクル品情報

 リサイクル品情報

リサイクル品情報

「断捨離」という言葉が、一時期流行しましたが、引越しは、断捨離するのにいい機会といえます。
洋服やカバン、食器が捨てられない、整理整頓が苦手という人は、「捨てる・処分・ゴミ」という考えから「リサイクル・再利用・欲しい人につかってもらう」という考え方に切り替えてみましょう。

部屋の中や、箪笥・クローゼットの中がすっきりすると気分もいいですし、引越をする際の荷物も少なくて
すみます。
新品など買い取りに回せばお小遣いも手に入れることができて一石三鳥です。

<ブランドのリサイクル>

人気の高いルイヴィトンをはじめ、グッチ・プラダ・シャネル・エルメスなど高級ブランド品の場合、不要となったバッグや洋服、貴金属類を高い値段で買い取ってくれる場合があります。
買い取り価格は、下取り時期の流行(ニーズ)、需要と供給、商品の状態(新品・中古・新古品)などを査定し、買い取り金額が決定します。

買い取り金額は、ショップによっても変わりますので、思い入れの強い品物の場合は、まず査定に出して、その金額如何で手放すかどうか決めてもいいですね。

そして、家の整理をしていたら、大量にブランド品が出てきた場合。
所持していることすら忘れていた名品や。親、さらに上の世代がとっておいた逸品など、
まとめて下取りに出したいときは、段ボール箱に入れて送るだけでブランド品の買取可能な宅配買取
便利です。

<衣料品・洋服のリサイクル>

我が家の中で一番多いと思われるのが、「洋服」です。
気に入って買ってみたものの一度も来たことがない服、タグが付いたまま眠っているスーツ、やせたら着ようと思っていたワンピース、一度着用しクリーニングに出しただけのパーティドレス、、、
大事にとってはいるものの、1年〜5年はきていないであろう洋服も多い。
ましてやパーティドレスは、何回もきませんよね。(違う披露宴でも写真が同じになってしまう)

そして、置き場所に困るのが「ベビー服」「子供服」「マタニティ服」です。
子供や赤ちゃんの服は、お祝いなどで頂いたりもしますが、どんどん着られなくなり、とっておいても来年の登場はありません。
また、マタニティ服も、ママ友や妊婦さんに譲ってあげたい。

洋服類もリサイクルに出すことができます。
季節を気にしながら買い取りショップに持っていくのがお勧めです。
注意したいのは、使用済みの下着などは買い取らないところがほとんどです。兄弟がいなければ思い切って捨てるか、掃除に使って廃棄しましょう。

<家電のリサイクル>

不要になった家電、壊れた家電製品を廃棄する場合、お金がかかります。
ここ最近に、家電を購入された方はご存知かと思いますが、購入時に「リサイクル代金」を負担し、
家電リサイクル法制定以前に購入した商品を廃棄する場合は、別途費用が発生します。

リサイクル費用は、冷蔵庫・洗濯機・エアコンなど商品によって変わりますが、家電製品がまだ十分に使える場合、ゴミとして処分するよりも、リサイクルショップに持っていくほうがお財布にやさしい場合が
あります。
高価買取のポイントは、やはり「きれい」であること。
冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどは、汚れやすい家電でもありますが、時間があるならぜひクリーニングをしてから買い取り店に持参しましょう、
掃除してあるだけで、数千円買取金額がアップすることもあるそうです。

<事務用品などのリサイクル>

企業の引越しでは新しいデスクやパソコン、パーテンションなどなど様々なものが必要になったりいらなくなったりします。事務用品などは中古が多く出回っていますので安く手に入れて経費の節約ができたりしますので賢く揃えましょう。