引越しの荷造りと見積もりNAVI >  上手な荷物の搬入法 > 上手な荷物の搬入法

 上手な荷物の搬入法

上手な荷物の搬入法

引越しそのものを、引越業者に頼む場合、家具や家財道具などの荷物の搬入は専門家にお願いできます。
引越を効率よくスムーズに進めるために、押さえておきたいポイントと自分たちで荷物の搬入をする場合の注意点、そして、万一傷を発見してしまった時のポイントを見ていきます。、

<家具・家財道具の搬入>
引越当日、搬入作業が滞りなく運ぶように、段取りを確認します。

・搬入ルートの確認
搬入する家具は、玄関やベランダ、窓などから搬入します。
サイズや、階段の形状など確認しておきましょう。

・搬入する家具と、引っ越し先の部屋のサイズ
タンスやオーディオラック、液晶テレビ、ソファ、ピアノなど、新居にも持っていきたい家具がある場合、
新居に合うサイズか確認します。
今住んでいる家より、新居のほうが部屋数が少ない場合、全部持っていくのは困難です。
リサイクル、もしくは知人に譲りましょう。

・レイアウトを決める
新居の間取り図をもとに、家具の配置を決めます。
この時、目視ではなく、きちんとメジャーで家具の大きさを図ります。(実際に運んだ際、隙間が空いてしまったり、入りきらない場合、どうにもなりません)
レイアウトが決まったら、引越しやさんにも図面のコピーを渡し、テレビや家具などに「2階 書斎」などわかりやすく紙を貼り、転居先の部屋の出入り口にも「書斎」など示しておくと、混乱が減らせます。

<傷つけない工夫>
搬入の際に、家具も家も傷つけないようにするには、「保護」が一番です。
ドア、玄関、廊下、窓など、家族や引っ越し業者さんが多く移動する場所は、ベニヤ板、毛布などでカバーします。
もちろん、運ぶ家具自体も、角も出ないように毛布などでカバーし、養生テープで崩れないように固定します。

もし余裕があれば、荷物を運でいるときに、見てあげるのも一手です。
しかし、業者さんによっては、見張られているような感じになったり、引っ越し作業の妨げになってしまう時もあるので気を付けましょう。

<万が一、傷を発見してしまったら?>

その傷が、専門業者さんが運ぶ時に着けてしまった傷と証明できる場合、修理を依頼することもできますが、なかなか気づきにくいこと、証明しづらいこともあり、補償してもらうのは難しいかもしれません。

逆に、私たちが生活していくうえで、壁や柱に傷をつけてしまった場合、軽度の傷や汚れなら、ホームセンターなどで売っているリペアグッズで修理することもできます。]

【引越お役立ち情報】
飲まない・要らないお酒は売ってお小遣いにしよう
ウイスキー買取
シャンパン買取
ブランデー買取