引越しの荷造りと見積もりNAVI > トイレトラブル(水道屋本舗) > トイレトラブル(水道屋本舗)

トイレトラブル(水道屋本舗)

トイレトラブル(水道屋本舗)

新居に引っ越した後、トイレやキッチン、洗濯機回りなど、水回り関係のトラブルが起きることがあります。
新築の場合ですと、排水管の接続がうまくいってなかったりすることで、漏水したり、漏水することで階下の住民に迷惑をかけてしまったりすることもあります。

ここでは、引っ越し先で起こりうる、「トイレのトラブル」についてみていきます。
トラブルの種類、応急処置の方法、業者を呼ぶ場合の注意点などです。

<トラブルの種類>

■トイレのつまり
便器や排水溝に異物が詰まり、水が流れなくなったり、便器から水があふれるケースです。
つまりを解消するには、トイレに詰まっているものをなんとか流さなくてはいけません。
詰まり除去の方法としては、ラバーカップ・吸引カップなどで、水の流れるところをスポスポします。
数回繰り返すと、水が流れるような感覚になりますので、そうしたら、バケツに汲んだ水を少しずつ流してみてください。
問題なく流れるようであれば、タンクの水を流して排水しても問題ないでしょう。

上記で解決しない場合は、水道業者などに依頼する必要があります。
参考までに、知恵袋に載っていた水道屋本舗さんのページをはっておきます。

■便座が割れた

長く使っている便座だったり、たくさんの人が利用するトイレなどの場合、便座やトイレのふたが
割れて破損したり、ひび割れたりすることがあります。
そのまま使用すると、体重のおもみでもっと割れたり、ひび割れた部分がお尻に当たり
けがをすることもあります。

便座だけの交換、もしくは、トイレごとの交換をしてください。

■ウォシュレットから水が出ない

すっかり定着した感のあるウォシュレット。
用を足した後のお尻を水で洗ったり、乾かしてくれたりする優れものです。
仕組みをよく知らずに使っている場合も多いかもしれません。
しかし、便器に設置されている「おしり」などのボタンを押しても水が出ない・もしくは水流が弱すぎるときがありますね。

この場合、ウォシュレット本体の汚れ、もしくは水流の設定が変わってしまった、故障(電気系統のトラブル)が考えられます。
ウォシュレット本体、設定を確認して、異常がない場合は、便器のメーカー・水道業者に相談しましょう。


<応急処置の方法>

■トイレのつまり

ラバーカップ(トイレのスッポン)がない場合、つまりが取れるまでは、使用禁止しましょう。
トラブル対応している間に、自分以外の家族や、同僚が使ってしまうことがないよう、「使用禁止」の張り紙をし、ほかのトイレを使ってもらいます。

■便座が割れた

交換が終わるまで、使わないのが理想ですが、そうも言ってられない場合は、便座シートや
カバーなどで、ひび割れぶぶんでケガをしないように工夫します。

■ウォシュレットから水が出ない

修理が終わるまで、使用を控えます。


<業者を呼ぶ場合の注意点>

いずれの場合も、自分の手に負えず業者を呼ぶ場合、以下の点に注意します。

・修理金額の相場を調べる
・見積金額をきく
・出張費、作業費など、見積もりの中で不明な点があれば、遠慮なく質問する

水回りのトラブルは、いつおきるかわかりませんし、トイレが使えないとなると、緊急度も
高くなりますよね。
焦ったりすることなく、パソコンで調べたり、落ち着いて行動しましょう。