引越しの荷造りと見積もりNAVI >  食器の荷造り方法 > 食器の荷造り方法

 食器の荷造り方法

食器の荷造り方法

引っ越し準備の一つ、食器の荷作りは洋服の荷造りに並び、おおきなウェイトを占める部分です。
お皿・お椀・グラス・ワイングラス・どんぶりなどの食器類は、大きさ・素材がまちまちです。
特に割れやすいのは、背の高いワイングラスやシャンパングラスで、逆に割れにくいのは、プラスティック製品・厚みのある丼などです。

しかし、割れにくい素材であっても、つめ方が悪いと、運搬中にひび割れたりかけたりしてしまうこともあります。
それでは、食器の梱包方法についてみていきましょう。

<食器の荷造り方法>

■皿・小皿
薄くて平たいお皿は、一見丈夫そうにもみえますが、つめ方を一歩まちがうと、いとも簡単に割れてしまいます。
お皿を包むポイントは、同じお皿であっても、必ず一枚一枚新聞紙で包むことです。
広げた新聞紙の上に皿を置き、はみ出た新聞紙を内側に折りたたんでいきます。
数が多いと、次第に「2枚くらいなら。。」と効率化したくなりますが、そこは我慢。
新聞紙でくるんだお皿、小皿を段ボールに詰める際は、必ず「縦」にして入れてください。
理由は、皿自体の重さがほかの食器にかかる負担をできるだけ減らす為です。
仮に横置きで10枚重ねた場合、一番下のお皿には9枚分+αの重量がかかり、割れやすくなります。


■グラス・コップ・マグカップ・湯呑など
ガラスでできた食器は繊細です。きちんと包みましょう。
まず「グラス・湯呑」です。
広げた新聞紙の上に皿を置き、はみ出た新聞紙をグラス内側に折りたたんでいきます。

次に「コップ・マグカップ」です。
持ち手のついているコップは、持ち手もきちんと保護します。
ちょっと小さめにカットした新聞紙を取っ手に巻き付け、本体部分はグラス同様に新聞紙で包みます。

そして「ワイングラス・シャンパングラス等」です。
グラスを支える足の部分に、くしゃくしゃっとした新聞紙をあてて保護します。
しっかりめに保護してください。
そしたら、グラス全体を新聞紙で包み完了です。

※要らないワイン、シャンパンなどは買取ってもらいましょう。
ワイン買取
シャンパン買取
ブランデー買取

■茶碗
茶碗もひとつづつ新聞紙で包みます。
木製のわんも同様です。

<最後に確認する事項>
■重すぎないか
箱にぎゅうぎゅうづめだと、食器自体の重さで破損する恐れがあります。
多少箱が増えても、余裕のある梱包をしましょう。

■ガシャガシャ音がしないか
梱包後の段ボールをちょっとゆすってみます。
中の食器が動いているようであれば、食器同士の隙間がないように、くしゃくしゃにした新聞紙、タオルなどですきまを埋めてください。
食器の移動は、ひび割れ、破損の原因になります。