引越しの荷造りと見積もりNAVI >  家電製品の荷造り > 家電製品の荷造り

 家電製品の荷造り

家電製品の荷造り

家電製品の荷造り、箱詰め、梱包は、引っ越し業者さんにお願いをすれば、原則プロがやってくれます。
ここでは、スムーズな荷造りのための準備方法、自分で運ぶ時のための注意点についてみていきます。

重たいもの、大きいもの、精密機器などが多いですから、気を付けて作業してください。

<テレビ>
薄型テレビは、購入した時の箱にいれるか、毛布やエアークッションでつつみ、画面を保護します。
また、大きいテレビが多いので、運ぶ時にぶつけないように気を付けてください。
配線部分は、テレビ、DVDレコーダ関係で分かるようにまとめておきます。

ブラウン管テレビは持ち手がついている対応が多いので、そのままでもいいでしょう。
しかし精密機器ですので、乱暴には取り扱わないでください。
DVDやビデオデッキに入っているソフトは、念のため抜いておきましょう。

<パソコン>
ノートパソコンは、自分で運ぶか、エアークッションなどで梱包して運搬するといいでしょう。
ネット回線などは、引越する前に通信会社に連絡しておきます。
デスクトップパソコン、一体型パソコンなどは、購入した時の箱に入れるか、テレビと同じく、毛布かエアークッションで、保護します。

また、大事なデータや、消えてほしくないデータなどは、外部メモリなどにバックアップを保存しておくのがお勧めです。

<洗濯機>
水を抜き、中を空っぽにしておきます。
運搬中、ホースがぶらぶらしたり、ふたがパカパカあかないように、養生テープで固定しておきましょう。

<冷蔵庫>
冷蔵庫も中身を空っぽにしてから運搬します。
冷蔵庫、冷凍の中の食材(野菜、肉、冷凍食品など)は、引越前日までに食べきるように心がけ、
製氷機も外しておきます。
中身が空になったら、冷蔵庫の電源を抜き、霜を取ります。
霜を取るときは、金属の食器や工具を使用して傷つけることのないよう、作業してください。
自然に溶けるのを待つか、プラスチックのヘラなどで、力加減に気を付けながら作業しましょう。
※冷蔵庫に飲まないお酒があったらお酒買取業者に買取してもらうといいですよ!
ワイン買取
シャンパン買取