■ 荷造りは、確実になるべく自分で行いましょう。

何といっても主役はダンボール箱です。積み込んだり運んだりするには箱詰めの荷物の方が
便利なことは明らかです。ダンボール箱にも丈夫なものとそうでないものなどがあるので、本
など重いものを入れる場合には注意しないと底が抜けてしまうことがあります。

大事な家財を守るのは自分の責任です。いい加減な荷造りをしたばっかりに破損しては大変
です。荷造りの方法にも経験から生まれた素晴らしいやり方があります。業者に引越しを頼
む人も、できる限りは自分でしておきたいものです。

自分で荷造りするメリットは、どこに何が入っているか分かることと、事前に相場も把握しやすいため、引越しの相場料金も安くなりやすい点が挙げられます。
荷造りまで業者に任せたら料金も上がってしまいます。それに自分の引越しは、全て他人
任せにはしたくはないですね。やはり労を使うことによってこそ引越しの楽しさも生まれてき
ます。さて、いよいよ荷造りの開始です。

当日までまだ間があるので、順序が問題です。今まで暮らしていた部屋で生活しなければ
ならないのだから、無造作に行っては生活に支障がでてきてしまうし、一度荷造りしたもの
を解かなければならないことになってしまいます。

そんなことになったら気分ものらないし、ペースが狂ってしまいます。まず、部屋をぐるっと
見渡してみて、引越しまでに不要のものをチェックします。肝心なことは、必要最低限のも
のを残してあとは整理してしまうことです。

■ 当日必要なものはわかりやすくしておきましょう。

引越しに際して、余程注意深く整理を行わないと、あとに必要なものがでてきても探すの
が大変です。各人なりに注意し、分かりやすくしておきましょう。

一部屋規模くらいの引越しならば、荷物の量も知れているので、どのダンボール箱には
何が入っているか検討がつくかも知れませんが、それにしてもあちこち動かしているうち
に、わからなくなることがあります。

やはりここの包装物には、食器などの割れ物、ステレオなど上下厳禁のものなど、表に
記入しておくとか荷札をつけるなどして、分かるようにしておくのが良いでしょう。後になっ
て整理する際に、随分と楽になります。

また、部屋数が多い場合など、運び込む部屋ごとに、何番から何番まではどこの部屋で
あるとか、各部屋ごとに番号と色分けしておけば、その場に及んで迷うことなく運び込む
ことができます。

■ 荷物の扱いについては業者に的確に指示をする。

シーズンともなると、専門業者でも人手不足になり、アルバイトなどで不足分を補ってい
ます。大事な家財を、破損しては大変です。荷物の積み方にも方法があるので、その辺
は当人が気をつけなければなりません。

荷物のうち、割れ物や上下厳禁のものは、その区別をマジックなどでしっかり記入して
おくことが大切です。その上で作業員に必要に応じて指示を与えれば、さらに安心して
任せることができます。